リンク

ウェブページ

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

webページナビ

« お願い!! | トップページ | レーシングルアー »

2011年2月10日 (木)

シラウオ

今回NAVIGATORのお店オリジナルとして販売するワームのご紹介です。

依然、河口湖や、クリアレイクで爆発したシラウオワーム。

青木大介プロがクラシックを優勝し話題となったシラウオワーム。

スカパーでの映像は衝撃でした。


当時私もシラウオワームを開発していましたが、河口湖がワーム禁止になり、開発は自然消滅(。>0<。)

そして去年、野尻湖や野池で再び使用し、かなりよい釣果だったので、ひそかに開発していました。
Img_3795

昔に比べマイルドになっています。

シラウオワカサギといった感じ(*^-^)





にご紹介することになったのは、実は今までにない製法でつくられているから!!

この製法は画期的で、大手メーカーですら興味をもつはず!!

企業秘密ですが(笑)

何が画期的かというと、シリコン型を使ったインジェクション!!

これはメーカーの永遠のテーマでは?

一般的にハンドポワードとインジェクションを使った製法がある。

 ハンドポワードはその名のとおおり手でワームを流します。主にシリコン型を利用するため型代がほとんどかからず(5万円程度)、初期コストがかかりません。
ハンドポワードは、インジェクションに比べかなり柔らかい素材が使え、複雑なカラーの組み合わせが可能です。
しかし、型の特性上デザインに制限があります。また硬いマテリアルには不向きでした。

 インジェクションは金型を使用し、高圧で方に流します。そのため、3Dかつ細かいデザインが可能になります。しかし初期投資がかなりでかいというのが欠点でした。
通常でも金型は60万ほど、大手メーカーさんみたいに売れれば関係ないですけどね(*^-^)

 



今回、私が開発した製法シリコンを使ったインジェクションです
型がシリコンなため、圧力に制限があるため、一般的なインジェクションの型としては使えません。
遠心であれば、シリコン型も使えますが、マテリアル制限や、塩、ラメが使えないため無。
 
 

 詳しくは教えれませんが、ヒントは加圧減圧

圧をかけすぎればシリコンは耐えれません。
弱い圧では流れない。
だから型内を真空状態にし、シリコンが耐えうる、圧をかける。

教えすぎかな(。>0<。)


今回何が言いたいのかというと、お店レベルや、少ない初期投資で、インジェクションワームがつくれるということ。

今回、シリコンインジェクションが完成したため、シラウオワームを復活。
NAVIGATORオリジナルとして3~4月販売予定です。


釣果も(*^-^)

動画も準備中です。

あまりにもマニアックなルアーのため、今回はお店オリジナルルアーとして販売です。


リアルでしょ(*^-^) 動きはもっとやばい(。>0<。) ↓

ルアー!!使い手次第で何でも化ける。
操る喜び(*^-^)

Img_3818

これは、すべて私の手掘り(*^-^)
ウロコ模様も!!

打倒、キャド!!

ちなみに私は世界ジュニア美術コンクールで特選。
彫刻、絵画では日本トップクラス。

まあ昔の話ですが(。>0<。)


人の自慢は嫌いだが私の自慢はしときます(笑)
手先が器用なやつかかってこいや(*^-^)




話がずれてしまったが、このシリコンインジェクション画期的で、これから、面白い展開ができる。
日に
2000~3000本は作れるためOEMもOK!!

このシラウオワームについて詳しくは後日!!

« お願い!! | トップページ | レーシングルアー »